ワーキングホリデーが終わって
日本に帰る準備をしています。

稼いだオーストラリアドルを

日本円に両替する

には、どんな方法があるのか
知りたいな~

両替方法はいくつかある
みたいだけど、その中で

どの方法が1番お得なのか

もついでに教えて!

 

このサイトでは、このような疑問に

海外在住20年の賢人(ケント)

が詳しくお答えします。

1996年にニュージーランドへ渡り、
2000年にオーストラリアに移住して
以来、年に1度はホリデーで日本に
帰国する僕が、色々試した両替の
中でもおすすめな方法です。

信頼できる情報だと思いますよ。

オーストラリアドルを日本円に両替するおすすめな方法

時給が日本よりも高いオーストラリア
で稼いだ貴重なオーストラリアドル
を両替して日本に持って帰る際には、

なるべくお得に両替したい!

ですよね?

帰国したら久しぶりに会う日本の友達
と一緒に飲みに行ったり、ワーホリ中
にできた仲間たちと日本で再会する
などで、結構な出費が予想されます。

日本に帰ったら、

とりあえずニート

という身分になる人が圧倒的に多い
のが、ワーキングホリデーメーカー
の宿命であるのも避けられない事実。

少しでも多めの日本円を持って帰る
ことが出来れば、日本での次の行動
にも移りやすいですよね。

両替方法の代表的な3つの方法とは、

・オーストラリアで両替
・日本で両替
・海外送金

 

があります。

ちなみにこの3つの方法は、

下に行くほどお得

という順番になってます。
(為替変動は無視しています)

つまり海外送金が1番おすすめ。

そして、それぞれの両替方法でも、

やり方によって雲泥の差がある

という衝撃の事実に気付いたのは、
結構最近になってからです。

かなり損をしていました(涙)

こんな僕みたいに両替で損をする人が
1人でも減ればいいなという思い
でこのブログを書いています。

参考にして頂けたら嬉しいですね。

オーストラリアで両替

手持ちのオーストラリアドルが、

A$1000

くらいで、日本円を全く持ってなく、
日本の空港に着いたらすぐ必要という
場合は、オーストラリアで両替する
のがベストなチョイスです。

オーストラリアの各都市の中でも、
ワーホリさんたちが比較的多いのは、

・シドニー
・メルボルン
・ゴールドコースト
・パース
・ブリスベン
・ケアンズ

 

で、各都市に外貨両替所がいくつか
あると思います。

その中で1番レートの良い両替店
探すしかないですね。

例えば、オーストラリアのケアンズ
という街では、

TOBEX

がオーストラリアドルから日本円への
逆両替では、圧倒的にレートが良くて
しかもA$1000以上両替する場合は
オーストラリアの可愛いエコバッグを
プレゼントしてくれたりします。

両替レートも良くて、日本に持って
帰るお土産まで貰えちゃうのはのは、
ちょっと嬉しいですよね。

エコバッグを貰う方法はこのサイト
でくわしく解説してます↓

TOBEXでエコバックをもらえるよ

こんな感じで、あなたがお住いの都市
にもレートの良い両替所があるはず
なので、リサーチしてみましょう。

ちなみにケアンズには、7時間ちょい
のフライトで着いてしまうくらいの
オーストラリアの中では、

日本まで1番近い国際空港

があるので、ワーキングホリデーの
最後にグレートバリアリーフを満喫
してケアンズアウトするワーホリさん
たちは、結構多いですね。

ドルが余ったらTOBEXおすすめ。

日本で両替

続いて日本での両替ですが、

絶対に日本の空港で両替してはダメ

というのをまず覚えておきましょう。

それこそヤクザか闇金業者並みの

ぼったくりレート

で両替することになります…

日本でオーストラリアドルを日本円に
両替する方法で、1番おすすめでお得
なのは、

外貨宅配両替サービス

です。

こんな素敵なサービスは、数年前まで
はなかったです。本当にありがたい!

日本に着いて落ち着いた頃に、

外貨両替マネーバンク

で登録を済ませます。

後は現金書留でオーストラリアドル
を送れば、数日後に日本円が銀行に
振り込まれるというシステム。

比べてみると分かるのですが、

オーストラリアで両替するよりお得

なレートですよ。しかもかなり…

意外とお得な海外送金

ついに最強の両替方法である海外送金
についてお伝えしていきましょう。

この方法は、

 

・オーストラリアに銀行口座

・日本に銀行口座

がないと成立しません。

ワーホリでオーストラリアに着いて
すぐ開設した銀行口座を閉める前に
送金する必要があります。

もう銀行口座をクローズしてしまった
場合は、小銭をオーストラリアドルで
両替し、まとまったお金は外貨宅配
で日本円に変えましょう。

海外送金はトランスファーワイズ

 

海外送金の方法は色々とあるのですが
1番お得な方法を紹介するのが良いと
思いますので一択で紹介します。

結論は、トランスファーワイズ

このトランスファーワイズの送金方法
と今までの銀行などを使った送金方法
を比べてみると、

 

手数料がガチで安い

送金日数がめっちゃ早い

大金を持ち歩く必要なし

という優れモノです。

今まで知らなかった過去の自分に強く
説教してやりたいくらいです。

 

なんで安くて早いの?

と疑問を感じ、その仕組みを詳しく
知りたい方は、今後その仕組みの内容
について書きますね。

使い方も簡単でスマホ一つでOK。

しかもオーストラリアドルを日本円に
して、日本の口座に送金する場合は、

マイナンバーの提出が必要ない

ので本当に簡単で速いです。

とはいえ、英語で進める必要が…

ちょっと不安なあなたに朗報です。

スマホでの画像付きのお申込み手順
をサクッとお伝えしていきますね↓

 

まずは海外送金の準備から

始める前に準備しておいた方が良い
ものを簡単に紹介します。

・パスポートか運転免許証
・メールアドレス
・日本の銀行口座情報

 

海外から日本に送る場合は、

マイナンバーの提出が無い

ので、とてもシンプル。

実際は、日本から送金をする時も

マイナンバーが無くても大丈夫

なのですが、書留での住所確認など
ちょっと面倒くさいです。

とにかく、海外からはシンプルです。

トランスファーワイズの会員登録

トランスファーワイズ公式サイト

ここからいきなり英語です!

下を日本円にかえます

そのしたのContinueへ

Personalをチョイスします

個人情報をサクッと入力

ゴリっとContinueへ

Myselfを選ぶのがシンプル

名前はカタカナで入力です

日本の銀行口座情報です

入力済んだらContinueへ

送金の理由を選びます

生活費を選べば良いでしょう

確認画面ですね

手数料$10は激安ですよ!

問題なければContinue

IDのアップロードです

メールが届いているので確認

またサイトに戻りましょう

支払い方法を選びます

イチ押しは銀行振り込みです

口座のある銀行をチョイス

Online bankingがベスト

僕はWestpacです

振込先の情報です

ここは開いたまま振り込みましょう

ここで振り込み先の情報をスクショ
せずに、『後で送金する』の

I’ll transfer my money later

を選んでしまうと振込先情報に戻る
ことが出来なくなってパニくります。

その場合は、単純にまたサイトに行き

In progressをチョイス

View transfer details で一番下
に振込先があるので大丈夫です。

まとめ

オーストラリアで稼いだお金を日本に
持って帰る際の基本的な方法を3つ
紹介したのですが、

3つの方法でそれぞれベストの選択

をお伝えできたと思います。

・オーストラリアの両替所巡り

・日本に帰ってマネーバンク

・トランスファーワイズで送金

どの方法を選ぶかは、好みや所持金の
残額によって変わると思います。

僕の過去の失敗から学んだ方法3つ
なので、信頼できると自負してます。

ぜひ、参考にしてみて下さい。