海外旅行で両替しすぎてしまい、
多くの外貨が余ってしまった場合や
海外で稼いだある程度まとまったお金
を日本円に両替する場合の、

1番お得な方法を教えて!

という疑問を持つ方は多いですね。

本記事では、下記の内容を

海外生活20年の賢人(ケント)

がお答えします。

マネーバンクで外貨を売る際のデメリットは?

 

『外貨を売る』なんて聞きなれない
言葉だと思うのですが、

外国のお金を日本円に両替する

ということです。とてもシンプル。

外貨を売りたいケースとして、

・海外旅行
・留学
・ワーキングホリデー
・海外出張
・海外赴任
・海外駐在

 

などバックグラウンドの違いから

外貨を売りたい金額も違う

のは、当たり前の話しですね。

ただし、共通してハッキリ言える事は

売りたい金額が少額か高額か

によって大きく分かれます。

くわしくお伝えしていきましょう。

外貨を売る方法

売りたい額によって変わる両替の方法
ですが、そのボーダーラインとして

日本円で5万円くらいの外貨

が目安だと思います。

このラインを切っている場合は、

現地の両替所でサクッと日本円に

してしまった方がお得。

現地のお得な両替所の見つけ方

↑このサイトは参考になりますよ。

とはいえ、現地を出発する前という
のは、かなりバタバタするので、

両替できないまま飛行機に乗った

という人も少なくないです。

そんな人にアドバイスしておきたい
ことは、

空港での両替はぼったくり

という事実。

空港でお店を構えること自体、

家賃を含めものすごくお金がかかる

というのは、ちょっと考えれば誰でも
想像がつくことですよね。

空港の両替所は避けた方が良いです。

マネーバンクで外貨を売る

日本に持って帰ってきてしまった
海外のお金は、

マネーバンクの公式サイト

で外貨を売るのがレートが良い
のでおすすめです。

ただし、このマネーバンクにも

メリットとデメリット

が存在しますので、その辺りをガチで
おつてしていきますね。

マネーバンクのメリット

話しの流れから、もう既に気付いて
いる人も多いと思うのですが、

多くの外貨を売りたい場合

はマネーバンクがお得です。

このケースは、

海外で働いて給料をもらっていた人

に当てはまることが多いですね。

とりあえず日本の自宅についてから
自分のタイミングで外貨を売ること
が出来ますし、円安のタイミングを
待ってもOK。

地方に住んでいる人などは、

両替できる銀行がけっこう遠い

という場合もあると思います。

マネーバンクで外貨を売る手順は、

申し込む

書留で郵送する

振り込まれる

 

というシンプルな流れです。

郵便局が近くにあれば問題ないので、
お住いの場所で悩むことはゼロ。

ここは大きなメリットですね。

もちろん、これだけ僕がおすすめして
いるのですから、両替レートも銀行や
空港の両替所に比べたら、

圧倒的にマネーバンクの優勝

です。ぶっちぎりです。

マネーバンクのデメリット

外貨を売る場合のデメリットは、

・簡易書留送料
・振込手数料

 

が自己負担になってしまうこと。

2019年10月から消費税が10%に
なったことから、簡易書留送料は、
404円かかります。

マネーバンクから日本円が自分の口座
に振り込まれる際の振込手数料は、
250円かかります。

この合計654円が、少額の両替の場合

お得感を少なくしてしまう

という事実があるので、最低ラインを
日本円で5万円くらいの外貨とした
最大の理由です。

このデメリットを踏まえたとしても
マネーバンクで外貨を売るのは
簡単でレートも良いので、

個人的にはおすすめ

したいですね。

特に多くの外貨を持って帰ってきて、
すぐに日本円に換える必要もなく

円安になるのをのんびりと待てる

人には、超おすすでです。

マネーバンクで外貨を売る手順

↑でスマホ画面でマネーバンクでの
外貨を売る手順を紹介しています。

良かったら参考にしてみてください。